« 「手にしてしまうこと」の危険性 | メイン | 優等生は学校に行かない時代 »

2008/05/20

コメント

多々野親父

「洋楽雑記帖」を主催しております多々野親父と申します。
この度は私の記事へリンクを張っていただき、ありがとうございました。
この曲はちょうど30年前のヒットになりますが、こうしてパロディで使われているところを見ると、今だに広く認知されているんだなぁ、と感慨深い気持ちになりました。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

Powered by Typepad