« 「ネットで現実逃避」を防ぐStickyScreen | メイン | 【お知らせ】ソフトウェアジャパン2009で講演します。 »

2008/12/17

コメント

TrueSeventh

残念ながらそのようなことはないでしょう。
宮沢賢治はノートに記載したものを心象スケッチと呼び、自分の心の動きを言葉で綴る事をさします。
これはかなり徹底していて、自分が周りの人間に対して「これから心象スケッチをします」と語ったことも手帳に記述したぐらいです。

宮沢賢治の手記は言葉の通り受け取るのが良く、あまり裏を読むのは好まれません。
wikipediaでも
>研究史の上では(個々の著作自体の意義とは別に)積極的な意義を持つものではなかった。
とかいてあるのは、その為だと思われます。

というより、wikipediaをベースにしては何事も間違えますよ。
あれは読む必要がないモノです。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

Powered by Typepad