« 【書評】ルポ 米国発ブログ革命 | メイン | 「選挙後も」政見放送を確認できるサイト、都議選に登場 »

2009/06/21

コメント

ken

前回は、ボートマッチを多いに参考にさせてもらいました。
再度の登場を期待したいと思います。

tadano

読売と毎日のボートマッチ、グーグルの「未来を選ぼう」、ヤフーの「マニフェストマッチ」、楽天の「LOVE JAPAN」など、今回の衆院選ではIT選挙で参考になるサイトがいろいろ出てきていますが、仕組みや、得られる結果、意義も結構違ったりと、利用する側は結構迷っているんじゃないかと思います。利用ガイド一覧なんかあれば、便利なんだけど。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

Powered by Typepad